バイクメンテナンスケミカル【LAVEN】お手入れガイダンス(ガラス系簡易ボディコーティングSRX7)

●営業日の15時までにご注文いただいた場合は当日発送致します。 (土・日・祝祭日・その他、弊社指定休業日は翌営業日の発送となります)
 
 
ガラス系簡易ボディコーティングSRX7
バイクが濡れたままでも作業可能な簡易ガラスコーティングSRX7

シュッとスプレーしてサッと拭くだけの簡単施工。光沢と撥水コートを形成します。洗車後に水分を拭き取らなくてもお手入れ可能です。

バイクのホコリやゴミを洗い流す

1

あらかじめホコリやゴミを水で洗い流す

日陰で作業

炎天下だとシャンプーが乾きやすくシミなるため、日陰で作業します。 砂ボコリが付いたままでスポンジでゴシゴシこするとボディーにキズが付きますので、丁寧に洗い流してください。 ホースの水で砂ボコリなど全体の汚れを落とします。水は上から下に流します。水圧は弱めにしてあくまでもゴミやホコリだけを落とすように水を掛けます。 イグニッションキー周辺、スイッチ類、プラグ、マフラー、メーター周り、ラジエターなどには水を掛けすぎないように注意してください。

バイクシャンプー洗車

2

バイクシャンプーで洗車

バイクシャンプーを希釈

ラベンバイクシャンプーを水で50倍(水1Lに対しキャップ2杯分)に薄めて泡立てます。バケツにバイクシャンプーを入れホースで勢い良く水を入れて泡立てるとよいです。 泡をスポンジに含ませ、バイクの上から順に洗います。スポンジはこすらず泡で汚れを包み込むように洗いましょう。 スポンジはボディー用と足回り用で分けてください。足回りを洗ったスポンジでボディーを洗うとキズだらけになってしまいます。 入り組んだ箇所はブラシ等を使ってキレイに洗います。あまりゴシゴシとこすらず軽く洗いましょう。 シャンプーが乾かないように部位ごとに洗車しすすいでください。洗剤が乾くとボディーにこびり付きます。 シャンプー洗車が終わったら水でシャンプーをすべて洗い落としてください。

バイク水分除去

3

しっかり拭き上げて水分を除去

バイク洗車の拭き上げ

シャンプーを洗い流したあとは吸水合成セーム皮など吸水性の高いクロスで、水分が残らないようにしっかり拭き取ってください。 特に電気機器系統周りはしっかり拭き取ってください。 拭き上げクロスは何枚かあると便利です。ボディー用と足回り用など使い分けてください。 エキゾーストパイプなどの高温になる部分は汚れが残ると焼き付いてしまいますので、汚れや水分が残らないように拭き取ります。細かい所はエアーで効率アップ! エアーを使うと細かい所の水分が飛ばせて作業効率がアップします。 ステッカーが剥がれるおそれがありますので注意してエアー吹きしてください。

SRX7でバイクへ簡易ガラスコーティング施工

4

SRX7で簡易コーティング

簡易ガラスコーティングSRX7をスプレー

洗車後のボディーにSRX7をスプレーします。濡れたままでもコーティングできます。全体的にまんべんなくスプレーするように心掛けてください。広範囲にスプレーするとムラになりやすいので、各パーツごとに分けて作業しましょう。 スプレーしたコーティング剤を乾いたウエスで全体的に薄く伸ばしながら拭き取ります。 エンジンやマフラーなど高温になる部分はラベン耐熱マフラーを使用します。 薄い膜を形成しますので細かなキズは目立たなくする効果があります。 コーティングと同時にクリーニングも可能です。

シートクリーナー

5

シートクリーナー

オートバイ専用シートクリーナー

シートにワックスやコーティングを使うとキケンなので専用のシートクリーナーでキレイに仕上げます。シートに直接スプレーして数分後、拭き取ってください。

二輪車マフラーエンジンは耐熱ワックス

6

マフラーやエンジンは耐熱ワックス

バイクマフラーやエンジン耐熱ワックスでメンテナンス

マフラーやエンジンなどの高温部分には普通のコーティングやワックスは使えないので、専用の耐熱ワックスでキレイに仕上げます。均一にスプレーして軽く拭き上げると走行時の熱で硬化しキレイに仕上がります。

バイクサイドミラーに撥水コーティング

7

サイドミラーに、はっ水コーティング

バイクミラーへの撥水コーティング

ミラーにはラベンはっ水剤を使用すると、雨天時もミラーに付く水滴をしっかりと弾きます。

使用した道具の洗浄

8

最後に使用したクロスやスポンジを洗います。

SRX7簡易ガラスコーティング施工完了

施工完了

中古バイクが新車のようにピカピカ

見事新車のようにピカピカに復活しました。